ストンと眠りたい

うつ病に関して考えています

カウンセリング

酷暑が過ぎたからか、マインドフルネスをやってみたからか、ラミクタールが効いたのか、全部なのか、11月ごろから安定傾向です。 二週間に一回のカウンセリングを一ヶ月に一回にしました。 合っていた心理士さんが辞めてしまったのが残念。私のバカなサブカ…

出てこなければやられなかったのに!

マンガ、アニメ、大好きです。 SNSの普及で拡散力だけ広まって、情報の真偽は灰色。こういうのも生きづらい世の中だなぁ、と感じます。 出てきた文字だけに反応すると、こんなことになりますね。 www.j-cast.com もともとベビーカー優遇のお寺さんで、マナー…

「この世界の片隅に」を観て

あけましておめでとうございます。 映画の主題からずれた感想です。 「第二次世界大戦は激化し、本土も空襲され、原爆が落とされて終戦を迎えました。」という内容を、ネタバレだと怒る人はいないと思います。 その時代の環境下ですずさんはどうしたのか、は…

頼れるものには頼ろう

「目指せ健常者」 「薬を飲まない生活」 高望みでした。 アラフィフに足を突っ込み始めた今年。 もう、頼れるものには頼って生きようかと思い直している所です。 今年の梅雨から残暑までの沈没は、薬を減らすことへのあせりもあったのかと反省。 同期が、大…

お薬増やしときますね

しばらく午前中の活動が困難で、罪悪感と希死念慮に押しつぶされそうだったので、薬を出してもらいました。 小さな薬一粒で・・・変わるものですね。 今はとても楽です。 「覚醒剤みたいでコワいんですけど」と処方した医者に相談。 眠くなるなら大丈夫だそ…

今年の夏はしんどかったなぁ

いつ秋らしい気候になるのか待ち遠しい。体調が安定せず、まんまと鬱状態に逆戻り。 現在矯正中です。 いいな~と思った記事なのでメモ。 gattolibero.hatenablog.com

ランチ画像置場

また画像置場コーナー美味しい西池袋のランチのお店フレンチトーストのストファーズ ホオバール山盛りサラダと生パスタ、ドリンクとデザートが付いて1000円也。

人は高尚な目的で自分を律することが難しい

これはスリープクリニックの主治医から言われました。 通勤するから、家事をするから、朝起きる。 朝起きるから、夜眠れる。 そういうサイクルを作りなさいと言われます。 夫は始発で出るので、朝ごはんの家事は現実的ではなく、やっぱり出勤するから起きま…

【唐突に画像置場】元住吉のランチ

すみません、うつ病と全く関係ないランチの写真を仮置きします。 tabelog.com tabelog.com ramendb.supleks.jp

Facebookなんてやるんじゃなかった【落ちている時】

今は元気いっぱいに一日一投稿以上、Instagramも活用してSNSを楽しんでおりますが。 気分が落ちている時は、閲覧できませんでした。 今は「悲しいね」とか「ひどいね」ボタンもありますが、基本的には「いいね!」の文化ですから、眩しい写真、投稿が並びま…

マイナスなことを考えてもいい

私の目標は、薬を飲まずに生活する事です。 安定剤はかなり減薬できました。しかし、眠剤はまだお世話になっています。 主治医は安定剤を含め、まだまだ服用を勧めるので、別の医院にカウンセリングに通っています。 知る人ぞ知る、「マンガで分かる心療内科…

ペットとのお別れ

*死に関わる記事なので、苦手な方はご遠慮下さい。 モルモットを飼っていました。 オスで名前は「はなじろー」といいます。 四か月ほどの闘病後、5月10日夜に永眠しました。 モルモットの寿命は5年から8年です。家に来て3年半、はやいお別れとなりました。 …

書いてみた「梅雨の時期の健康管理はしっかりと!不調の原因と対処方」

梅雨の過ごし方について書いてみました。 nandemokiji.com

書いてみた「これで不眠症も改善!寝つきをよくするおすすめの改善方法とは?」

社会復帰中、まだ週21時間の仕事だけです。その仕事も契約期間があと2年をきったので、いろいろとお試しをしている最近です。 クワウドワークのマッチングサイトで、一記事書いてみたので、こちらにも記念に載せておきます。これで216円でした! nandemokiji…

自分も傷つけてしまう「怒り」のコントロール

「とにかく私が全部悪い・・・。」と信じ込んでいた時期を越えると、 「今まで騙されてきた!」 という怒りが荒れ狂いました。毒親の洗脳が解けた30歳代の前半。 褒めて欲しい、わかって欲しい親が、どうやら日本語の通じない相手だったので、しんどかったで…

生存報告

前の更新からだいぶ時間が経ってしまった・・・。手術は、決断してホントに良かった!という結果でした。二年連続、廃人のように過ごした年末年始とはサヨウナラ。掃除をしたり年賀状を書いたりできました。2月はフラッシュバックに悩まされましたが、今は復…

罪悪感のない何もしない生活

無事手術を終えて退院しました。 術式が腹腔鏡だったので二週間程度の自宅療養で仕事復帰できるかな、と思い込んでいましたが止められました。 入院日から丸一ヶ月は仕事を休む指示が出て、手続き・手回しが落ち着きました。 鬱・睡眠障害・自律神経失調の診…

さらば子宮よ

宇宙戦艦ヤマトの替え歌を考えたのですが、不謹慎なので書きません。 子宮筋腫の手術まで、あと3日です。 あと「2センチ」大きかったらor場所がずれていたら、問答無用で子宮ごと摘出だったみたいです。 もう少し年上で、既に子供がいたら、迷わず手術する方…

ウイルスのように

夏バテ不調に引っ張られ、気分が落ちました。体が動かなくなると、思考が澱みがち。気が付くと、「アレやってない、コレやってない」と自分を責めていました。悪い習慣にすぐ戻るんだなぁ。お決まりの希死念慮までいきまして、「これはまずい」と立て直し。…

20の習慣(12)

(12) 体のなかの「毒」を出し切る 心配、不安、恐怖、怒り、恨み、悲しみといった感情は、心の毒です。 精神的ストレスが免疫力を下げ、体にも異常が現れます。 母は私の社会的に成功を願い、良くできたことを褒めることより、出来なかったことを怒ることに…

20の習慣(11)

(11) いまの考え方や人間関係を見直す 「普通の生活ができないなんて、自分はなんてダメな人間なんだ」と思っていました。 「症状即療法」という言葉があるように、症状が現れるということは、体が自分で治療していること。 鬱になるということは、このまま…

回復傾向の時に気を付けること

私は双極性障害ではありませんでした。それでも、底から上がってこれた時の高揚感は高いです。「気分が上向き」・・・下向きよりは、もちろんいいです。しかし、単純な一次関数の右上がりのグラフで、マイナスが出発点でもゼロを越えたらプラスになります。…

書くだけでストレスが消えるノート

20の習慣が(10)で止まっているのは、何もできなくなっているからではなく、回復したため、活動量が増えたからです。東邦大学医学部・有田秀穂先生著の、タイトルの本を活用しています。レコーディングダイエットのように、ストレスを減らすために毎日記録す…

20の習慣(10)

(10) あとまわしにできることは、あとまわしにする 気が乗らない、やる気が出ない、でも、これをやっておかないと、相手が気を悪くするかもしれない。そういう動機で行う物事はしんどいものです。 「自分の喜びに従っているときは、相手にもその喜びが伝わり…

20の習慣(9)

(9)自分にとって「居心地のいい場所」に行く 居心地が悪いのは、他人の価値観で動いていたから。 「~ねばならない」と自分を認めず、無理に変えようとしていたから。 そうとわかっても、社会生活をする上で、居心地の悪い場所に行かなくてはいけない時があ…

20の習慣(8)

(8)「できていること」を書き出してみる 出来ないことばかり確認してきました。 出来て当たり前、出来ないと厳しく怒られたので、それを回避しようと身についたのでしょう。 そのうちに自己否定で、消えて無くなりたくなるほどつらくなりました。他人と比較…

20の習慣(7)

(7)「自分がしたいこと」にしたがってみる お金や社会的地位は重要なのだと思いますが、心身病んで、生活するためのお金すら稼げくなったら、そこから脱するのはなかなか難しくなります。 「そうはいっても、そういうわけにはいかない!」と、無理をし続けて…

20の習慣(6)

(6)「口癖」をかえてみる うつの人は、自己否定の言葉が浮かびがち。その言葉でさらに生きるのがつらくなる悪循環に陥ってしまいます。 良いことがあっても、「じゃあ、次は悪いことが起こるかもしれない。」 結果を出しても、「思い上がってはいけない。ま…

20の習慣(5)

(5)「義務」や「責任」で考えず、「うれしい」で選んでみる 「社会」は厳しく「仕事」はつらいもの。 と、教えこまれてきたので、時期によっては全く受け入れられなかったであろうこの習慣。 転職した時、「こんなに楽してお金もらっていいのか」と悩み過ぎ…

20の習慣(4)

(4)「他人のため」でなく、まず「自分のため」を考える ここの項目では、他の本にも出てきた大事なことが書いてあります。 「悩んでいることを紙に書きだして、主語が『自分』でないものは解決ができないので、消してしまいましょう。」 確かに。「自分が主…

20の習慣(3)

(3)相手への期待を手放す すぐに相手を信用して、勝手に心を開いて、大怪我をすることが多いです。 学習能力が無い。良く言えば純粋、悪く言えば馬鹿。気を付けよう。 相手に期待するから、「裏切られた!」「こんなはずじゃなかった!」と怒りが湧いてしま…

20の習慣(2)

(2)パートナーや親子関係では「いい・悪い」の評価を外す 本当にそうしていただきたかった親子関係。 本文引用しちゃいます。 -----「わが子をいとおしく思うからこそ『いい子』になるように躾をしている」というのは、愛情というものを錯覚しています。子ど…

20の習慣(1)

(1)「相手は変えられない」ことを受け入れる 「自分がされて嫌なことを、人にするのはやめましょう。」と、道徳か何かで習った気がしますが、自分が嫌なこと=他人が嫌なことかというと、必ずしもそうではなく、痛い思いをしてきました。 私は社交辞令の応酬…

宮島賢也先生の本

10年以上お付き合いしているうつ病とそろそろお別れしたい。そんな時に出会った宮島賢也先生の本。「自分の「うつ」を治した精神科医の方法」 「医者なし薬なしでいつの間にか「うつ」が消える本」←この「お母さん病」の解釈は解毒剤に 「医者の私が薬を使わ…